セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

『宇都宮徹壱、雑誌を除く(実用、新書)』の電子書籍一覧

1 ~4件目/全4件

  • 【「サッカー本大賞2017」大賞受賞! 】Jリーグを目指すクラブと目指さないクラブ、百年構想の真実を描く渾身のルポルタージュ、ここに誕生!

    【「サッカー本大賞2017」大賞受賞! 】

    Jリーグを目指すクラブと目指さないクラブ、
    百年構想の真実を描く渾身のルポルタージュ、ここに誕生!

    Jを夢見るアマチュアクラブから、地域に密着した企業チームまで全国津々浦々のクラブを取材し、
    「J3以前・以降」で変わりゆく日本サッカーの原風景をめぐる旅で、見えてきたものとは?
    写真家である著者による美麗なカラー写真も満載!


    【目次】
    第1章 Jリーグを目指さなかった理由
    Honda FC―2008年・春

    第2章 幻の「石川FC構想」
    ツエーゲン金沢&フェルヴォローザ石川・白山FC―2008年・春

    第3章 SAGAWAに「野心」はあるのか?
    SAGAWA SHIGA FC―2008年・春

    第4章 いつか「普通のクラブ」になるまで
    福島ユナイテッドFC―2011年・春/12年・冬

    第5章 「半袖隊長」の矜持
    AC長野パルセイロ―2011年・秋

    第6章 なぜ今「J3」なのか?
    公益社団法人 日本プロサッカーリーグ―2013年・春

    第7章 「今そこにあるサッカーを愛せ! 」
    ホンダロックSC―2013年・春

    第8章奈良劇場総支配人、大いに語る
    奈良クラブ―2013年・夏

    第9章 アマチュアにとっての「約束の地」
    三菱重工長崎―2014年・秋

    第10章 ゴン中山「現役復帰」の舞台裏
    アスルクラロ沼津―2015年・秋

    第11章 「ミスターレノファ」と呼ばれた男
    レノファ山口FC―2015年・秋

    第12章 街クラブが「世界を目指す」理由
    ブリオベッカ浦安―2016年・春

    第13章誰が「坂本龍馬」だったのか?
    高知ユナイテッドSC―2016年・春

    第14章 激突! 南部対津軽
    ヴァンラーレ八戸&ラインメール青森―2016年・夏

    第15章 近所にフットボールクラブがある幸せ
    東京23FC&東京武蔵野シティFC―2016年・秋
  • Jクラブが「ある土地」、もしくは「ない土地」から薫るフットボールの物語を、アンダーカテゴリーに魅入られた著者が「郷土のクラブ」を照射。

    2017年サッカー本大賞受賞作『サッカーおくのほそ道 Jリーグを目指すクラブ目指さないクラブ』から早3年……
    今やJリーグクラブは全56クラブにまで膨れ上がった。
    Jクラブがない「土地」のほうが希少価値が高い時代になるとは、いわゆるオリジナル10の時代に誰が予想できただろうか。
    一方で、Jクラブのある「土地」からあえてJを目指すクラブも、それこそ雨後の筍のように出現し続けている。
    Jクラブが「ある土地」、もしくは「ない土地」から薫るフットボールの物語を、アンダーカテゴリーに魅入られた著者が「郷土のクラブ」を照射した。


    【目次】

    なぜ、フットボール「風土記」なのか

    第1章 かくも厳しき全国リーグへの道
    全国地域サッカーチャンピオンズリーグ 2016年・霜月

    第2章 親会社の都合に翻弄されて
    三菱水島FC 2017年・睦月

    第3章 県1部からJリーグに「否」を叫ぶ
    いわきFC 2017年・長月

    第4章 女川町にJFLクラブがある理由
    コバルトーレ女川 2018年・睦月

    第5章 ワールドカップとJFLをつなぐもの
    FC今治 2018年・文月~霜月

    第6章 世界で最も過酷なトーナメント
    全国社会人サッカー選手権大会 2018年・神無月

    第7章 サッカーを変える、人を変える、奈良を変える
    奈良クラブ 2018年・師走

    第8章 アマチュア最高峰であり続けるために
    FCマルヤス岡崎 2019年・卯月

    第9章 最大の「Jリーグ空白県」でのダービーマッチ
    ホンダロックSC&テゲバジャーロ宮崎 2019年・皐月

    第10章 なぜ「71番目のクラブ」は注目されるのか?
    鈴鹿アンリミテッドFC 2019年・水無月

    第11章 北信越の「Fの悲劇」はなぜ回避されたのか?
    福井ユナイテッドFC 2019年・文月

    第12章 クラブ経営の「属人化」をめぐる物語
    北海道十勝スカイアース 2019年・葉月

    第13章 令和最初のJFL昇格を懸けた戦い
    全国地域サッカーチャンピオンズリーグ 2019年・霜月

    第14章 蝙蝠と薔薇の街で胎動する「令和的戦略」
    福山シティフットボールクラブ 2020年・文月

    第15章 多様性の街から「世界一のクラブ」を目指す理由
    クリアソン新宿 2020年・文月~葉月

    ピラミッドの中腹での15年
  • 日本代表は南アフリカでいかにベスト16進出を勝ち取ったのか? 新生日本代表は、どういう思想でブラジルW杯を目指すのか? “冒険”の終わりと始まりを克明に再現。

    日本代表は南アフリカでいかにベスト16進出を勝ち取ったのか? 新生日本代表は、どういう思想でブラジルW杯を目指すのか? “冒険”の終わりと始まりを克明に再現。
  • シリーズ6冊
    1,5841,683(税込)
    著者:
    小澤一郎
    レーベル: ――
    出版社: カンゼン

    サッカー選手の正しい売り方。移籍ビジネスの内情を解き明かすとともに、海外・国内移籍の最新事例を検証しながらJクラブ、選手がよりよい未来を築くために必要な移籍戦略について考察していく。

    サッカー選手の正しい売り方
    ―移籍ビジネスで儲ける欧州のクラブ、儲けられない日本のクラブ―


    長友佑都(インテル)、香川真司(ドルトムント)、長谷部誠(ヴォルフスブルク)、内田篤人(シャルケ)、宇佐美貴史(バイエルン)、岡崎慎司(シュツットガルト)、家永昭博(マジョルカ)、宮市亮(アーセナル)、松井大輔(ディジョン)……etc

    総勢20名以上の日本人選手が欧州のトップリーグに在籍するようになった現在、かつてないほど日本の選手獲得に欧州クラブの目が向けられている。スポーツ紙が嬉々として報じる海外移籍ラッシュは日本代表の強化、選手の成長という面で歓迎すべき面がある反面、諸手を挙げて喜んでばかりはいられない面もある。

    それが「0円移籍」という問題だ。

    実に半数以上の日本人選手が移籍金(違約金)0円で欧州のクラブに獲られている。
    ただでさえ厳しいJリーグのクラブ経営という観点から見れば、大切な商品である選手がタダ同然(育成費は発生する場合がある)で移籍してしまうことはまさに死活問題となる。

    なぜJクラブは相次ぐこの事態を阻止できないのか? クラブを救う手立てはないのか?

    移籍市場は、したたかな者が勝つビジネスの「戦場」である。海千山千の欧州クラブと対等に移籍ビジネスを行い、Jクラブの利益を守るためには、まずは欧州のスタンダードを熟知し、「戦略」を立てなければならない。

    否応なしにグローバル化する移籍市場のなかで、海外・国内問わずサッカー選手の「正しい売り方」を模索していかなければ日本サッカーの未来は危うい。

    日本サッカー、Jリーグがさらに発展していくために、我々は何をするべきなのか?

    移籍ビジネスの内情を解き明かすとともに、海外・国内移籍の最新事例を検証しながらJクラブ、選手がよりよい未来を築くために必要な移籍戦略について考察していく。

・キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。詳しくはこちら
・決済時に商品の合計税抜金額に対して課税するため、作品詳細ページの表示価格と差が生じる場合がございます。

ページ先頭へ