セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

  • URLをシェアする

小学館マンガ 48時間限定・コイン40%還元

はじめてのお客さまへ

絞り込み

カテゴリ別ランキング

『二宮清純(新書、実用)』の電子書籍一覧

1~11件目/全11件

脱・コロナ恐慌

中西宏明
神津里季生
小峰隆夫
玄田有史
森喜朗
他 9人

550(税込)  

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

新型コロナウイルスの感染拡大によって、
世界大恐慌以来最悪の景気後退が予測されている。
迫り来る「コロナ恐慌」を、日本はいかにして乗り切るのか?
そして、「コロナ後」の世界秩序はどうなるのか?
(『中央公論』2020年6月号特集の電子化)

<日本の選択>

経営者は「変化はチャンス」の発想を
中西宏明

●連合会長、あいまいな政府の対応にもの申す
一過性に終わらないセーフティネットを急げ
神津里季生

●日本経済を襲うコロナショック
需要、供給、所得を止める未曽有の複合危機
小峰隆夫

●労働経済学×希望学×危機対応学からのヒント
異常と変化に対応しうる「働き方」へ
玄田有史

●五輪に「ワンチーム」は可能か?
安倍さん、小池さん、山下さん、そしてバッハ会長のこと
森 喜朗
聞き手 二宮清純

●JFA会長の闘病、生還、そして今後
私もサッカーも五輪もコロナに負けない!
田嶋幸三

<世界の変容>

●【鼎談】パックス・アメリカーナの終焉が来る?
アフターコロナの地政学
鈴木一人×細谷雄一×詫摩佳代

●トランプvs.バイデン 異例の「戦時」大統領選挙
渡辺 靖

●ポスト・コロナの世界を予見する
国内の行政権が強まりグローバリズムは後退する
佐藤 優

●「疫病史観」による中国の一〇〇年と新型肺炎
飯島 渉

●感染拡大するイタリア その医療体制と国民性
日伊 国際電話で交わした夫婦の議論
ヤマザキマリ

続きを読む

プロ野球「衝撃の昭和史」

二宮清純

815(税込)  

かつて日本のプロ野球では、かくも熱い人間ドラマが繰り広げられていた――。広島対近鉄の日本シリーズにおける「江夏の21球」をめぐっては、広島のサードだった三村や、近鉄の三塁ベースコーチだった仰木などからの証言を紐解きながら、従来と異なる視点で、真実に迫る。ベーブ・ルース、ルー・ゲーリッグらと対戦した沢村栄治については、意外な夫婦関係を浮き彫りにする。さらには上田監督の抗議が1時間以上におよんだ阪急とヤクルトの日本シリーズ、昭和34年の初の天覧試合の後日談など、これまで語られることのなかった12本の球界秘話が明かされる。月刊「文藝春秋」で反響を呼んだ特別連載待望の新書化。

続きを読む

広島カープ 最強のベストナイン

二宮清純

726(税込)  

名うてのカープウォッチャーが、OB・現役の中からベストナインを決定! 投手は先発3人と中継ぎ・抑えを1人ずつ、そして監督も加え、計14人にインタビュー。超個性派メンバーたちの熱き言葉をお届けする。球界で最も優勝から遠ざかりながらも、人気を集め続けるゆえんがここに!

続きを読む

ジャンル
新書
スポーツ
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

プロ野球の職人たち

二宮清純

628(税込)  

西武4番・中村、名捕手・古田、バントの川相から、スカウト、主審まで。球界の職人たちの匠技に迫る。野球ファン必携

野球ファン必携! 唯一無比の匠ワザが目白押し。“ものづくり”の世界に職人の技があるように、プロ野球にも匠の技術がある。現役・OB問わず、架空の“職人球団”を編成し、その選手やスタッフならではの“ワザ”の秘密に、スポーツジャーナリスト二宮清純が迫る! あらゆるポジションの選手から、華やかな舞台を陰で支える“裏方”まで、球界の職人たちが身に付けた奥義を一斉公開!

続きを読む

ジャンル
新書
スポーツ
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

プロ野球の名脇役

二宮清純

825(税込)  

大記録には必ず陰の立役者がいる。バイプレーヤーたちの生き様から見えてくるもう一つのプロ野球

プロ野球の大記録には、必ず陰の立役者がいる。V9時代のONを支えた5番打者、福本豊の盗塁量産を助けた2番打者、イチローと強肩コンビを組んだ左翼手……。そんなバイプレーヤーたちがいたからこそ、主役は主役たり得たのである。4番やエースの活躍だけが野球ではない。スポーツ・ジャーナリスト二宮清純が、脇役たちの物語に光を当て、新しい野球の見方を伝授する。

続きを読む

最強の広島カープ論

著者
二宮清純

703(税込)  

カープVへの条件とは?黒田復帰はなにをもたらしたか?

「カープ女子」に加え、黒田復帰でカープがますます熱い。カープ贔屓で知られる人気スポーツジャーナリストが熱く語るカープ論。「黒田復帰と今季のカープ展望」「カープ野球とは何か」「カープ伝説の真実」「表と裏のカープ・歴代ベストナイン」など。金石、小早川、西山のカープOB氏との特別座談会付き。

続きを読む

ジャンル
実用
スポーツ
レーベル
――
出版社名
廣済堂出版

人を動かす勝者の言葉

二宮清純

440(税込)  

サッカーW杯、オリンピック、メジャーリーグ、格闘技に独自の視点をもつ著者が導く名選手の名言の数々。ビジネスに教育に人生につながるスポーツ選手の言葉が宝石のように光る。

ジャンル
実用
レーベル
――
出版社名
東京書籍

プロ野球の一流たち

二宮清純

715(税込)  

野村克也の配球学、工藤公康のバッテリー論、中西太の強打者育成術――。山崎武司打撃開眼の理由とは? 新井貴浩はアニキを超えられるか? 松坂大輔永遠の課題とは? 中西太が語る打者育成術、野村克也の配球術──。人気著者が探る日本プロ野球の真髄! (講談社現代新書)

続きを読む

最強のプロ野球論

二宮清純

770(税込)  

日本野球が生んだ最高の選手たちの内面とは。投手は何を考え、打者は何を思ってプレーしているのか。一本のホームラン、一球のウイニングショットに秘められた思想を明かし、野球のワンダーランドにいざなう。(講談社現代新書)

続きを読む

プロ野球 名人たちの証言

二宮清純

770(税込)  

王貞治が川上哲治から学び、金田正一から教えられ、イチローに驚かされたこととは。梨田昌孝、西山秀二、高橋慶彦、得津高宏、高橋善正、荒川博、黒江透修、高田繁、広岡達朗、関根潤三ら、球界で一時代を築き上げてきた名手たちが、彼らだからこそ知りえる世界を明かす。(講談社現代新書)

続きを読む

天才たちのプロ野球

二宮清純

825(税込)  

長年プロ野球を取材してきた筆者が、各回1人の一流プロ野球選手に直接取材を行い、天才たちの内面に迫る「週刊現代」の人気連載企画『二宮清純レポート』の書籍化。「田中将大はなぜ日本一の投手になれたのか」、「中村剛也が統一球を苦にしなかった理由」など、読めば彼らの成功哲学が見えてくる。他にも内川聖一、中田翔、谷繁元信、宮本慎也など、現役最高峰の選手ら選りすぐりの18篇を収録。

続きを読む

1~11件目/全11件

・キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。詳しくはこちら
・決済時に商品の合計税抜金額に対して課税するため、作品詳細ページの表示価格と差が生じる場合がございます。

ページ先頭へ

本文の終わりです