セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

  • URLをシェアする
はじめてのお客さまへ

『光文社新書、岩田健太郎、0~10冊(新書)』の電子書籍一覧

1~6件目/全6件

ワクチンは怖くない

岩田健太郎

814(税込)  

インフルワクチンって結局打った方がいいんですか?/子宮頸がんワクチンって実際どうなんですか?/何度も同じワクチンを打たないといけないのは一体どうしてですか?/違うワクチンを同時に接種してはいけないんですか?……etc. ワクチンにまつわる「結論ありき」の議論を排し、基礎的な質問にも答えながら、ワクチンに対する誤解を解消、本当に「あなたの健康」をもたらすワクチンとの付き合い方、その本質をすっきり伝授!

続きを読む

1秒もムダに生きない~時間の上手な使い方~

岩田健太郎

628(税込)  

注目の医師が教える「本当の意味で時間を上手に使うための考え方」。限りある時間を削り取り、慈しみながら生きるコツ

感染症界のエースであり今注目の医師・岩田健太郎氏が、「本当の意味で時間を上手に使うための考え方」を紹介する。“プライオリティー・リストは作らずに、今、この瞬間の自分の状態に耳をすまし、他者のまなざしに規定されずに、最もやりたいことをする”――なぜ、それが時間をうまく使うことにつながるのか、そしてそれを可能にするためにはどうしたらよいのか。限りある時間を削り取り、慈しみながら生きる方法を伝える。

続きを読む

99.9%が誤用の抗生物質~医者も知らないホントの話~

岩田健太郎

825(税込)  

感染症界のエースが緊急告発!「とりあえず抗生物質」が招いた危機的状況、知らずにさらされているリスクとは――。

抗生物質は多くの国で間違った使い方をされているが、日本においてそれは顕著であり、ほとんどが誤用の抗生物質すらある。必要のない症状に漫然と処方されているため耐性菌が増え、抗生物質を治療の切り札とする感染症に使用できずに患者が亡くなることもある。つい足し算の医療をしてしまう医師、医師まかせにして病院ブランドや薬にしがみつく患者の双方の態度に警鐘を鳴らしつつ、臨床医学のよりリッチな世界観へと読者を導く。

続きを読む

「感染症パニック」を防げ!~リスク・コミュニケーション入門~

岩田健太郎

847(税込)  

エボラ出血熱、デング熱、新型インフル……感染症の襲来による被害拡大を防ぐために必要なコミュニケーションの技術。

エボラ出血熱、新型インフル、デング熱、炭疽菌等によるバイオテロ……高度な文明社会となった現代でも、感染症は人類をおびやかし続けている。目に見えない敵、感染症のリスクを扱う時には、パニックと対峙し、被害拡大を防ぐコミュニケーションの技術が必要である。恐さをどう捉え、伝えるか。幾つもの感染症のアウトブレイク時の経験を持つ医師・岩田健太郎が、感染症を題材としたリスク・コミュニケーションのあり方を教える。

続きを読む

サルバルサン戦記~秦佐八郎 世界初の抗生物質を作った男~

岩田健太郎

803(税込)  

感染症界のエースが挑む空前の科学ノベル! 実在の細菌学者・秦佐八郎の人生を通し、科学や研究の意義を問いかける。

島根県出身の細菌学者・秦佐八郎(1873~1938)。難病だった梅毒の特効薬「サルバルサン」(世界初の抗生物質)を、ドイツのエールリッヒと共に開発し、多くの人命を救った男である。その佐八郎の人生を、現代の感染症界のエース・岩田健太郎がノンフィクション・ノベルとして描きだす。研究とは何か、科学の才能とは、実験、競争、虚栄心と嫉妬、エリートのプライドと劣等感、研究倫理……現代に通ずるテーマとして問いかける。

続きを読む

予防接種は「効く」のか?~ワクチン嫌いを考える~

岩田健太郎

726(税込)  

効果、副作用、制度、陰謀論……本当のところどうなの?の疑問に感染症界のエースが答えます。ワクチン問題の好き嫌いと正邪を切り離し、読者を新たな視点に導く新しいワクチン論。

1~6件目/全6件

・キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。詳しくはこちら
・決済時に商品の合計税抜金額に対して課税するため、作品詳細ページの表示価格と差が生じる場合がございます。

ページ先頭へ

本文の終わりです