セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

  • URLをシェアする

お盆休みを満喫!全会員40%コイン還元

はじめてのお客さまへ

絞り込み

カテゴリ別ランキング

『光文社新書、語学(新書)』の電子書籍一覧

1~32件目/全32件

残念な英語~間違うのは日本人だけじゃない~ コインUP

デイビッド・セイン

858(税込)  

日本人の永遠の課題である英語。実は他の非英語圏の人たちの「残念」な表現例も多く、ネイティブだってうっかりミスをする。大事なのは「外国語だから間違って当然」という姿勢と、「言葉は手段」と思って積極的に話すこと。30年以上の英語教育の経験を持つ人気講師が、日本人だけでなく非ネイティブに見られる残念例、ネイティブもやってしまう驚きの誤りまで幅広く紹介。自信を持って、トライアル&エラーで身に着けよう!

続きを読む

ジャンル
新書
英語
語学
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

社会をつくる「物語」の力~学者と作家の創造的対話~ コインUP

木村草太
新城カズマ

1,012(税込)  

AI、宇宙探査、独裁の再来、核戦争の恐怖……、現代世界で起こるあらゆる事象は、小説家やアーティストたちによる「フィクション」が先取りしてきた。同時に、学問研究や科学技術の進歩が、新たな創作への想像力を掻き立てる。まさに現実とフィクションは互いに触発し合い発展していく。憲法学者とSF作家の希有なコンビが『指輪物語』『飛ぶ教室』等の名作を参照しながら政治、経済、科学を縦横に巡り来るべき社会を構想する。

続きを読む

ジャンル
新書
語学
学問
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

シン・ヤマトコトバ学 コインUP

シシドヒロユキ

902(税込)  

ヤマトコトバは神話や伝承、『古事記』、『日本書紀』、祝詞などにルーツがあり、現代でも訓読みとして使われている。日本語の原点・ヤマトコトバに触れることは、日本文化の源流に触れること。古から守られてきた、人の心や大自然と繋がる言霊の力は、現代人のライフスタイルにこそ活かすべき豊饒なる精神文化だ。本書ではヤマトコトバの歴史や構造をポップに解説。また日々口遊みたい祝詞や和歌の名文、伝説や逸話も紹介する。

続きを読む

ジャンル
新書
語学
学問
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

「ほぼほぼ」「いまいま」?!~クイズ おかしな日本語~ コインUP

野口恵子

726(税込)  

日本語の誤用を目や耳にしない日はない。町を歩けば誤用に当たり、店に入れば誤用が出迎え、電車に乗れば誤用も一緒に乗ってきて、インターネットのニュースサイトを開けば最新ニュースとともに誤用が飛び込んでくる……。本書では、言葉の意味と使い方、表記、文法、敬語に関するクイズを出題。現代標準日本語の口語をできるだけ正確に理解し、よりよく使用するための一冊。

続きを読む

ジャンル
新書
語学
学問
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

語彙力を鍛える~量と質を高めるトレーニング~ コインUP

石黒圭

726(税込)  

話す時、書く時、「もっと語彙力があれば」と思う人は多いだろう。しかし語彙力のある人というのは、ただ単に「知っている言葉の数が多い人」ではない。「文脈に合わせて適切な語を選択する力を持った人」なのだ。本書では語彙というものの中身についてよく知った上で、語彙力を「量」と「質」の両面から強化する22のメソッドを紹介。脳内の辞書を豊かにし、使用可能な語彙を増やし、それを効果的に表現に活用する方法を解説する。

続きを読む

ジャンル
新書
語学
学問
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

漢和辞典の謎~漢字の小宇宙で遊ぶ~ コインUP

今野真二

847(税込)  

一家に一冊ある漢和辞典。頑固者のようで以外と可愛いヤツかもしれません。◆「漢和辞典」と「漢字辞典」は何が違うのか?◆「おおざと」「こざとへん」は「のぼりざる」「こざるへん」だった!?◆日本人のある欲求から生まれた「鰯」という漢字◆目当ての字になかなか辿り着けない拷問!?◆キラキラネーム・ドキュンネーム用辞典はこんなに昔から……◆外国人が作った不思議な漢字辞典……etc. 時空を超えた言葉の世界を大解剖!

続きを読む

ジャンル
新書
語学
学問
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

なぜ、あの人の話に耳を傾けてしまうのか?~「公的言語」トレーニング~ コインUP

東照二

770(税込)  

大事なのは「聞き手」中心の話し方。「生のことば」を通して、これから必要な「コミュニケーション能力」を考える。

性格を変える必要はなく、ベラベラと話す必要もなく、「外向的」である必要もない――大事なのは「聞き手」中心の話し方。言語を「私的言語」と「公的言語」の2つのタイプに大きく分けて日本語を振り返る新しい試み。「生のことば」による事例を通して、また、日本語や日本社会を読み解くうえで避けて通ることのできない「ウチ」「ソト」という概念を通して、これからの時代に必要な「コミュニケーション能力」とは何かを考える。

続きを読む

ビジネス英語〈短期戦略〉マネジメント コインUP

安達洋

671(税込)  

仕事はあなたの英語の上達を待ってはくれない。今ある英語力をフル活用して完璧に仕事をこなすと同時に、効率的に英語を習得する方法論。勉強術ではなく英語管理術。

仕事はあなたの英語の上達を待ってはくれない。今ある英語力をフル活用して完璧に仕事をこなすと同時に、効率的に英語を習得する方法論。勉強術ではなく英語管理術。

英語は「論理」 コインUP

小野田博一

693(税込)  

日本人が最も苦手とする、英語を英語たらしめる「論理の壁」。この的確な使いこなし方を、論理的思考の第一人者が解説。読めば、ネイティブにバカにされない英語力が身につく。

日本人が最も苦手とする、英語を英語たらしめる「論理の壁」。この的確な使いこなし方を、論理的思考の第一人者が解説。読めば、ネイティブにバカにされない英語力が身につく。

ジャンル
新書
英語
語学
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

ビジネス英語を速く読む コインUP

古藤晃

671(税込)  

外資系のHP・PR資料・英字新聞……企業の現場に氾濫する英語情報をすばやく捌け! 河合塾のカリスマ講師が教える実践的“速読み”テクニック、ビジネス版。

外資系のHP・PR資料・英字新聞……企業の現場に氾濫する英語情報をすばやく捌け! 河合塾のカリスマ講師が教える実践的“速読み”テクニック、ビジネス版。

ジャンル
新書
英語
語学
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

チョムスキー入門~生成文法の謎を解く~ コインUP

町田健

704(税込)  

近年、アメリカ批判など政治的発言で知られるチョムスキーのもう一つの顔、それは言語学に革命をもたらした生成文法の提唱者としての顔である。彼の難解な理論を明快に解説。

近年、アメリカ批判など政治的発言で知られるチョムスキーのもう一つの顔、それは言語学に革命をもたらした生成文法の提唱者としての顔である。彼の難解な理論を明快に解説。

ジャンル
新書
語学
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

コトバの謎解き ソシュール入門 コインUP

町田健

693(税込)  

ラカン、ストロース、バルトなどの構造主義者に多大な影響を与えた、言語学の巨人・ソシュール。彼がジュネーブ大学で行った「一般言語学講義」を、今21世紀の文脈で読み解く。

ラカン、ストロース、バルトなどの構造主義者に多大な影響を与えた、言語学の巨人・ソシュール。彼がジュネーブ大学で行った「一般言語学講義」を、今21世紀の文脈で読み解く。

ジャンル
新書
語学
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

英語を学べばバカになる~グローバル思考という妄想~ コインUP

薬師院仁志

704(税込)  

英語ができれば「勝ち組に入れる」「国際人になれる」「世界の平和に貢献できる」――日本人にはびこるそんな妄想を、気鋭の社会学者がさまざまな角度から反証、そして打ち砕く。

英語ができれば「勝ち組に入れる」「国際人になれる」「世界の平和に貢献できる」――日本人にはびこるそんな妄想を、気鋭の社会学者がさまざまな角度から反証、そして打ち砕く。

ジャンル
新書
英語
語学
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

論理的に考え、書く力 コインUP

芳沢光雄

726(税込)  

クリエイティブな発想が求められる現代に欠かせない能力とは? 新鮮な題材を用いて平易に伝える。

現在、大学入試改革が検討されている。目指す方向は、論述式の試験を廃止して、マークシート形式の試験とAO(自己推薦)入試だけにするというものである。しかし、この方向は、「感情優先」の学生を大量に生み、これからの時代に必要な「論理的に考え、書く力」を奪ってきた。なぜ、時代と逆行するような教育が目指されているのか。本書では、消費増税、経済成長率など、新鮮な題材を用いて「現代に必須の能力」を考える。

続きを読む

「読む」技術~速読・精読・味読の力をつける~ コインUP

石黒圭

770(税込)  

「読む」のは「書く」より簡単、ではありません! 化石化した自分の読み方の癖に揺さぶりをかけ、新たな読みの引き出しを増やし、創造的な活動に結びつけるための8つの戦略を解説。

ジャンル
新書
語学
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

「銅メダル英語」をめざせ!~発想を変えれば今すぐ話せる~ コインUP

林則行

628(税込)  

英語の勉強が大嫌いだった著者が、同じように悩み苦しむ英語学習者に贈る本。「文法のコツコツ勉強は嫌になるのでやめる」「英単語だけのスピーキングで通じる」「猛スピードで話された時は聞き取れたフリで乗り切る」「発音の練習は無駄なので一切しない」など、英語の専門家が絶対に書かない最速の上達ノウハウを大公開! さらに、ビジネスの現場やネイティブとの友人関係で役に立つ英語での交渉術、コミュニケーション術も伝授。【光文社新書】

続きを読む

ことわざの謎~西諺(せいげん)の受容と変容~ コインUP

北村孝一

704(税込)  

西洋から入って日本語に定着した8つの代表的なことわざのルーツと謎を解くことによって、日本語の意外な特性が見えてきた! ふだん使っている言葉に隠されたドラマ。(『ことわざの謎~歴史に埋もれたルーツ~』改題)

続きを読む

ジャンル
新書
語学
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

この甲斐性なし!と言われるとツラい~日本語は悪態・罵倒語が面白い~ コインUP

長野伸江

628(税込)  

女をののしりたいとき、男をこらしめたいとき、愛をささやくとき、悲しみにうちひしがれたとき、仲間をはげましたいとき、人生につかれたとき、一発、ぶちかましてみませんか? 古事記・日本書紀から、明治・大正・昭和・平成の文学作品、はては国会論議から夫婦ゲンカに至るまで、悪態・罵倒語はどのように使われ、日本人の血となり肉となったのか。豊饒なる日本語の世界へ分け入る一冊。

続きを読む

ジャンル
新書
語学
学問
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

地団駄は島根で踏め~行って・見て・触れる《語源の旅》~ コインUP

わぐりたかし

869(税込)  

日本語は現場で起きている――言葉が生まれた土地におもむいて、探偵気分で語源の謎を調査・推理・解決。いざ、うんちくや雑学でおわらせない、日本語の奥深さにふれる旅へ。

心にしみる四字熟語 コインUP

円満字二郎

693(税込)  

人生訓? 処世訓? それだけが四字熟語? 漱石は、太宰は、芥川は、どの場面で、どのように四字熟語を使ったのか――。小説の中の四字熟語を読む、新しい試み。

ジャンル
新書
語学
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

日本語の宿命~なぜ日本人は社会科学を理解できないのか~ コインUP

薬師院仁志

792(税込)  

我々日本人は、「民主主義」や「市民」あるいは「個人主義」や「共和国」といった言葉の意味を本当に知っているのであろうか。実際、これらの語に対する誤解は珍しくなく、時として誤解に基づく歪んだ民主主義観や政治観をも醸成している。この種の無理解や誤解が、なぜ生まれるのか――それは、知的能力の不足に起因するものではない。根本的な原因は、日本語の宿命の中にあるのである。

続きを読む

犬は「びよ」と鳴いていた~日本語は擬音語・擬態語が面白い~ コインUP

山口仲美

726(税込)  

昔の日本では赤ん坊は「イガイガ」と泣き、朝日は「つるつる」と昇っていた? 擬音語、擬態語の面白さに魅せられた国語学者が案内する不思議で楽しい日本語ワールド!

ジャンル
新書
語学
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

辞書と日本語~国語辞典を解剖する~ コインUP

倉島節尚

693(税込)  

膨大な時間と手間と人手を要する辞書づくり。その現場に半生を捧げてきた著者が、これまで知られていなかった国語辞典のウラ側をわかりやすく、かつ楽しく説き明かす。

ジャンル
新書
語学
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

辞書を編む コインUP

飯間浩明

792(税込)  

【右】【愛】【萌え】【キャバクラ】……。国語辞典を引くと、辞書によって語釈の特徴が違う。われらが『三省堂国語辞典(サンコク)』は、誰にもまねできない語釈をつけたい。でも、どうやって?――『サンコク』の改訂に追われる辞書編纂者が、辞書作りの実際を公開。街なかでの用例採集、見出し語の取捨選択、中学生にもわかる語釈の執筆など知られざるエピソードを通して、ことばの奥深さを知る一冊。

続きを読む

バカ丁寧化する日本語~敬語コミュニケーションの行方~ コインUP

野口恵子

748(税込)  

「~させていただく」という言葉に象徴されるように、現在、日本語の丁寧化という波が押し寄せている。“おかしな日本語”を観察しながら、コミュニケーションのあり方を考える。

ジャンル
新書
語学
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

上手な文章を書きたい!~社会人のための文章力トレーニング~ コインUP

後藤禎典

737(税込)  

「伝えたい情報や考えを、分かりやすく正確に書く」技術を、河合塾の人気講師が懇切丁寧に解説。文章が上手く書けないのは、単に学校で書き方を教わってきていないだけ。

ジャンル
新書
語学
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

失礼な敬語~誤用例から学ぶ、正しい使い方~ コインUP

野口恵子

748(税込)  

敬語は相手を苛立たせもし、怖がらせもする。店員のミスに腹を立てた客が、「責任者呼んでこい」と怒鳴るのと、落ち着いた低い声で、「支配人にお目にかかりたいのですが」と言うのとでは、後者のほうが店員を震え上がらせる。敬語とはそういうものである。(本文より)現代日本人に最も好まれている敬語「いただく」の過剰使用からマニュアル敬語まで。豊富な誤用例をもとに、言葉とコミュニケーションの問題を考える一冊。

続きを読む

文章は接続詞で決まる コインUP

石黒圭

748(税込)  

「読む人にわかりやすく印象に残る文章を書くために、プロの作家はまず、接続詞から考えます」。ふだん何気なく使っている接続詞の具体的な役割を知り、効果的に使う技術を磨く。

ジャンル
新書
語学
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

文章ベタな人のための論文・レポートの授業 コインUP

古郡廷治

803(税込)  

あらゆる文書は、読み手に内容が誤解されることなく一意的に伝わらなければただのゴミ。学生を含め社会で活躍する人にとって、何らかの成果や提案を文書にまとめるためには文章で「伝える力」を身につけることが必要不可欠だ。そのスキルの基本はすべて論文・レポートの作法にある。全9回の講義を通じ、実際に学生たちが書いた文例を多く取り上げながら、一生モノの「文章力」を徹底的に鍛える。

続きを読む

日本語は「空気」が決める~社会言語学入門~ コインUP

石黒圭

825(税込)  

特に日本語は「正しさ」より「ふさわしさ」……場の空気を的確につかんだ言葉選びが重要だ。社会言語学では、生きた言葉が、出身地や性差、職業、社会階層、状況、手段、相手などにより多様に使い分けられていることを研究する。なぜ方言は羨ましがられたり馬鹿にされたりするのか。自分を「オレ」と言ったり「ボク」と言ったりするのはなぜか。上手に敬語を使うには? 身近な日本語を分析しつつ「伝わる」日本語のコツをつかむ。

続きを読む

訓読みのはなし~漢字文化圏の中の日本語~ コインUP

笹原宏之

803(税込)  

「戦く」から「お腹」「凹む」、さらに「GW」や、絵文字まで全て「訓読み」が可能。かくも幅広い訓読みの世界を具体例とともに見てゆき、日本語の面白さを「再発見」する。

ジャンル
新書
語学
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

「対面力」をつけろ! コインUP

齋藤孝

726(税込)  

「1対1」に強くなる!! ○相手に臍を向けよう ○アイコンタクトのコツは「右目を2秒」 ○とっさの一言は「15秒感覚」で鍛える ○どんなときにも「上機嫌」習慣 ○沈黙の間が怖くなくなる方法 ○オウム返しは共感の第一歩――「感じのいい人」が必ず実践している46の対面力向上メソッドを公開!

続きを読む

1~32件目/全32件

・キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。詳しくはこちら
・決済時に商品の合計税抜金額に対して課税するため、作品詳細ページの表示価格と差が生じる場合がございます。

ページ先頭へ

本文の終わりです