セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

  • URLをシェアする

KADOKAWAライトノベル・新文芸全作品コイン45%還元キャンペーン

はじめてのお客さまへ

絞り込み

カテゴリ別ランキング

『光文社新書、教育(新書)』の電子書籍一覧

1~29件目/全29件

不登校・ひきこもりの9割は治せる~1万人を立ち直らせてきた3つのステップ~

杉浦孝宣

880(税込)  

統計上、クラスに1人はいる不登校の生徒。きっかけは様々だが、ほとんどの場合は家にひきこもってしまう。学校や行政機関などのサポートは不足しており、2019年に起きた農水省元事務次官による息子の刺殺事件も、この問題の延長線上にある。適切な支援があれば、防げたであろう事態なのだ。若者のひきこもりに30年以上向き合い続けてきた著者が、独自に開発した「規則」「責任」「自律」の3ステップモデルを公開。

続きを読む

ジャンル
新書
教育
社会
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

なぜ勉強させるのか?~教育再生を根本から考える~

諏訪哲二

704(税込)  

学ぶ姿勢のない生徒。わが子の成績だけにこだわる親――教育再生のポイントは、学力以前の諸問題を見据えることだ。「プロ教師の会」代表が、教職四十年で培った究極の勉強論。

学ぶ姿勢のない生徒。わが子の成績だけにこだわる親――教育再生のポイントは、学力以前の諸問題を見据えることだ。「プロ教師の会」代表が、教職四十年で培った究極の勉強論。

ジャンル
新書
教育
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

科学的に正しい子育て~東大医学部卒ママ医師が伝える~

森田麻里子

990(税込)  

東京大学医学部卒、ママとしても奮闘中の医師が、世界の最新研究(論文170本)をリサーチして生まれた「使える」育児書。ママに向けて、本当に気をつけなければいけないことは何か、逆にそれほど気にしなくていいことは何か、具体的な研究内容をお示ししながら案内します。じいじもばあばも必読! 世界の最新研究を知るだけで、育児に迷わない! 育児が楽になる!

続きを読む

ジャンル
新書
教育
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

「%」が分からない大学生~日本の数学教育の致命的欠陥~

芳沢光雄

858(税込)  

「%」は全世界共通の言葉で、人口、使用言語、予算に占める各種対象、食品の成分、土地の用途別面積、時間配分などの割合や変化といった様々なものを測るときに用いられ、私たちが社会を営むうえで重要な指標である。だが、日本では現在「『%』が分からない大学生」が増えている。そこには、日本の数学教育が抱える深刻な課題がある。長い間、現在の数学教育に危機感を抱いてきた著者が、これからの時代に必要な「学び」を問う。

続きを読む

すべての教育は「洗脳」である~21世紀の脱・学校論~

堀江貴文

814(税込)  

学校とは本来、国家に従順な国民の養成機関だった。しかし、インターネットの発達で国境を無視した自由な交流が可能になった現代、国家は名実ともに“虚構の共同体”に成り下がった。もはや義務教育で学ぶ「常識」は害悪でしかなく、学校の敷いたレールに乗り続けては「やりたいこと」も「幸せ」も見つからない。では、これからの教育の理想形とはいかなるものか? 本音で闘うホリエモンの“俺流”教育論!

続きを読む

ジャンル
新書
教育
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

本物の教育~偏差値30からの京大現役合格~

林純次
阪本凌也

726(税込)  

コミュ障でいじめられて中学受験も失敗。そんな自分(阪本)が高校で先生(林)に出会い、京大に進んだ学びの物語。

コミュ障でいじめられて、中学受験も失敗。そんな自分(阪本)が高校で先生(林)に出会い、京大理学部に進んだ、学びの物語――ベストセラー『残念な教員』の著者と教え子による、大学受験を超えた真の教育論。

ジャンル
新書
教育
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

アホ大学のバカ学生~グローバル人材と就活迷子のあいだ~

石渡嶺司
山内太地

628(税込)  

ツイッターでカンニング自慢をする学生からグローバル人材まで、日本の大学・大学生・就活の最新事情を掘り下げる!

『最高学府はバカだらけ』『就活のバカヤロー』の石渡と、日本の全大学を踏破した大学研究家の山内が、日本の大学・大学生・就活の最新事情を掘り下げる。難関大なのに面倒見のいい大学、偏差値は高くなくても在学中に鍛えあげて就職させてくれる大学、少数精鋭、極限の「特進クラス」を持つ大学、グローバル人材と言えばあの大学、などなど、お役立ち最新情報も満載。廃校・募集停止時代の大学「阿鼻叫喚」事情。

続きを読む

ジャンル
新書
教育
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

最高学府はバカだらけ~全入時代の大学「崖っぷち」事情~

石渡嶺司

726(税込)  

日本の大学生はみんなバカで、大学はどこかアホっぽい――定員割れ続出の「全入時代」に生き残る大学はどこ? 大学業界の最新「裏」事情と各大学の生き残り戦略を紹介する。

日本の大学生はみんなバカで、大学はどこかアホっぽい――定員割れ続出の「全入時代」に生き残る大学はどこ? 大学業界の最新「裏」事情と各大学の生き残り戦略を紹介する。

ジャンル
新書
教育
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

先生のホンネ~評価、生活・受験指導~

岩本茂樹

748(税込)  

先生は生徒をどう見ている? 教職員の人間関係は、生徒指導にどんな影響を及ぼす? 職員室では、どんな会話をしている? 30年にわたる教師経験から、学校のリアルを分析。

先生は生徒をどう見ている? 教職員の人間関係は、生徒指導にどんな影響を及ぼす? 職員室では、どんな会話をしている? 30年にわたる教師経験から、学校のリアルを分析。

ジャンル
新書
教育
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

名ばかり大学生~日本型教育制度の終焉~

河本敏浩

726(税込)  

小学校・中学校のカリキュラムをいじれば、学ぶ意欲が増し、学力は底上げされるのか? 入試問題や教育関連のデータの分析から、新たな視点で教育問題に対する処方箋を提示する。

小学校・中学校のカリキュラムをいじれば、学ぶ意欲が増し、学力は底上げされるのか? 入試問題や教育関連のデータの分析から、新たな視点で教育問題に対する処方箋を提示する。

ジャンル
新書
教育
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

早期教育と脳

小西行郎

693(税込)  

「三歳児神話」と相まって過熱する早期教育。しかし、乳幼児の脳について科学的に解明された部分は少ない。行きすぎた早期教育に警鐘を鳴らし、「普通の育児」の重要性を説く。

「三歳児神話」と相まって過熱する早期教育。しかし、乳幼児の脳について科学的に解明された部分は少ない。行きすぎた早期教育に警鐘を鳴らし、「普通の育児」の重要性を説く。

ジャンル
新書
教育
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

東大合格高校盛衰史~60年間のランキングを分析する~

小林哲夫

990(税込)  

(1)各年上位約100校、(2)テーマ別ランキング(戦後累計、都道府県別、女子校…)、(3)過熱報道の舞台裏などのマル秘エピソード。名門校を分析し「伸びる理由」を明らかに!

(1)各年上位約100校、(2)テーマ別ランキング(戦後累計、都道府県別、女子校…)、(3)過熱報道の舞台裏などのマル秘エピソード。名門校を分析し「伸びる理由」を明らかに!

ジャンル
新書
教育
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

子どもの将来は「寝室」で決まる

篠田有子

748(税込)  

親離れ・子離れ、きょうだいの確執、セックスレス……。寝室は愛や嫉妬が満ちている。その5000件の調査を基に家族の悩みを解決! 知能・感性を伸ばす「寝かたの法則」とは?

親離れ・子離れ、きょうだいの確執、セックスレス……。寝室は愛や嫉妬が満ちている。その5000件の調査を基に家族の悩みを解決! 知能・感性を伸ばす「寝かたの法則」とは?

ジャンル
新書
教育
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

教室内(スクール)カースト

鈴木翔
解説
本田由紀

825(税込)  

なぜあのグループは“上”でこのグループは“下”なのか…気鋭の教育社会学者が、教室を支配する「地位の差」に肉迫!

スクールカーストとは、主に中学・高校のクラス内で発生するヒエラルキーのこと。同学年の子どもたちが集団の中で、お互いを値踏みしランク付けしていることは以前から指摘されており、いじめや不登校の原因となるとも言われてきた。本書では、これまでのいじめ研究を参照しながら、新たに学生や教師へのインタビュー調査を実施。その本音を生々しく聞き出している。また大規模アンケート調査もふまえ序列が維持される背景に迫る。

続きを読む

間違いだらけの教育論

諏訪哲二

726(税込)  

ニセ教育論が、なぜもてはやされる? 理想はどこでつまずくのか? 教員歴40年の「プロ教師の会」代表が、“カリスマ教育者”の議論を検証し、教育問題の正しい考え方を示す。

ニセ教育論が、なぜもてはやされる? 理想はどこでつまずくのか? 教員歴40年の「プロ教師の会」代表が、“カリスマ教育者”の議論を検証し、教育問題の正しい考え方を示す。

ジャンル
新書
教育
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

亡国の中学受験~公立不信ビジネスの実態~

瀬川松子

726(税込)  

理解不能な授業、放置されるいじめ、退学勧告、隠される不祥事、裏口入学に青田刈り――。公立不信をあおる受験産業と結託した、私立中高一貫校の実態を白日の下にさらす。

理解不能な授業、放置されるいじめ、退学勧告、隠される不祥事、裏口入学に青田刈り――。公立不信をあおる受験産業と結託した、私立中高一貫校の実態を白日の下にさらす。

ジャンル
新書
教育
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

灘校~なぜ「日本一」であり続けるのか~

橘木俊詔

628(税込)  

卒業生の4分の1は医師、野依良治ら華麗なOB。「受験界の王者」の秘密に迫る! 格差社会論の論客が徹底検証

関西の一名門校にすぎなかった灘校がなぜ受験界の王者になりえたのか。遠藤周作、高橋源一郎、野依良治ら異才を輩出した校風とは。「落ちこぼれ」たちはどんな人生を歩んでいるのか。学年約200名という少数精鋭主義を考慮すると、東大合格者率や国公立医学部や京大への進学実績において、灘校は「日本一」といえる。OBインタヴュー、現役生アンケート調査等をもとに、格差社会論の論客がエリート教育の功罪を徹底検証する。

続きを読む

ジャンル
新書
教育
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

世界一ぜいたくな子育て~欲張り世代の各国「母親」事情~

長坂道子

704(税込)  

「なんでも手に入れたい世代」の女性達が、子供を産む時代になった。欧米諸国の今どきの母親達を取材した著者が、各文化に共通する悩みや多様な価値観などをリポートする。

「なんでも手に入れたい世代」の女性達が、子供を産む時代になった。欧米諸国の今どきの母親達を取材した著者が、各文化に共通する悩みや多様な価値観などをリポートする。

ジャンル
新書
教育
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

子どもが育つ玄米和食~高取保育園のいのちの食育~

西福江
高取保育園

628(税込)  

3歳までの味覚が一生を左右する。そのためにゼロ歳から「本物志向」を教える高取保育園の食理念と実践法を紹介。

子どもの好物といえば、お子様ランチに象徴されるような味の濃い食べ物だと思われがち。それとは対照的に、「こんなしぶい子どもは見たことがない」と大人を驚かせている園児たちがいる。毎日納豆と玄米を食べ、おやつには小魚や大豆、昆布をぽりぽり。甘いジュースを好まず、梅と醤油で味つけした番茶をすする。この大人顔負けの「本物志向」をゼロ歳児から教える高取保育園。その食理念と実践方法を紹介する。

続きを読む

残念な教員~学校教育の失敗学~

林純次

792(税込)  

「残念な教員」を量産する学校教育現場の「失敗のしくみ」を踏まえ、未熟練教員と生徒を共に成長させる方法を提示。

「教え方を知らない教員」が8割! 鈍感教員、学ばない教員、学べない教員、コミュニケーション不全教員、理念欠如型教員――「残念な教員」を量産する学校教育現場の「失敗のしくみ」を踏まえ、過去の教育実践の蓄積と著者自身の取り組みをベースに、未熟練教員と生徒を共に成長させる方法を提示する。

続きを読む

ジャンル
新書
教育
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

アメリカ下層教育現場

林壮一

726(税込)  

恩師の頼みで高校の教壇に立つことになった著者は、貧困のなか崩壊家庭に暮らす無気力な子供たちに衝撃を受けるが……。子を持つ親、教育関係者必読のノンフィクション。

恩師の頼みで高校の教壇に立つことになった著者は、貧困のなか崩壊家庭に暮らす無気力な子供たちに衝撃を受けるが……。子を持つ親、教育関係者必読のノンフィクション。

ジャンル
新書
教育
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

教育虐待・教育ネグレクト~日本の教育システムと親が抱える問題~

古荘純一
磯崎祐介

792(税込)  

家庭や学校で虐待的対応により不適応を起こす日本の子どもたち。本来求められる対応とは。児童精神科医らによる報告。

小児精神科を受診する子どもの中には、家庭や学校で教育をめぐり虐待的対応を受けている子がいる。大学生にもこれを原因とした心の問題を抱える者が多く、就職活動等を機に不適応を起こすことも多い。子ども時代は精神疾患を発症しやすい時期だが、なぜ日本の教育現場では自尊感情を下げる体験をさせてしまうのか。本来求められる対応とは。豊富な事例と共に解説。アスペルガー障害の当事者が特別支援教育での事例も分析・報告。

続きを読む

ジャンル
新書
教育
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

政治家・官僚の名門高校人脈

横田由美子

628(税込)  

議員や官僚の出身高校に着目すれば、日本のエスタブリッシュメントのネットワークが見えてくる

国会で丁々発止を繰り広げる議員どうしが、実は高校の同級生だったりすることは珍しくない。本書は、筑附、筑駒、日比谷、開成、早稲田、慶應、水戸一高、修猷館、灘、ラ・サールといった、政治家や官僚を多く輩出してきた高校出身の議員たちに高校時代の思い出、学校に対する思い、今も続く高校時代の人脈について直接インタビューを試みた。日本のエスタブリッシュメントたちの裏のネットワークが垣間見える一冊。

続きを読む

論理的に考え、書く力

芳沢光雄

726(税込)  

クリエイティブな発想が求められる現代に欠かせない能力とは? 新鮮な題材を用いて平易に伝える。

現在、大学入試改革が検討されている。目指す方向は、論述式の試験を廃止して、マークシート形式の試験とAO(自己推薦)入試だけにするというものである。しかし、この方向は、「感情優先」の学生を大量に生み、これからの時代に必要な「論理的に考え、書く力」を奪ってきた。なぜ、時代と逆行するような教育が目指されているのか。本書では、消費増税、経済成長率など、新鮮な題材を用いて「現代に必須の能力」を考える。

続きを読む

中学受験の失敗学~志望校全滅には理由(わけ)がある~

瀬川松子

726(税込)  

志望校全滅という最悪の事態を避けるには? その答えは、雑誌に載らない、塾や家庭教師会社も教えてくれない失敗例の中にあった。ちょっと笑えて、真に役立つ中学受験指南書。

ジャンル
新書
教育
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

日本の子どもの自尊感情はなぜ低いのか~児童精神科医の現場報告~

古荘純一

792(税込)  

主観的な幸福度が世界最低レベルの日本の子どもたち。何が子どもたちから自信や心の居場所を奪っているのか。QOL調査結果を元に診療や学校現場の豊富な事例を交え考察する。

ジャンル
新書
教育
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

離婚で壊れる子どもたち~心理臨床家からの警告~

棚瀬一代

847(税込)  

三組に一組が離婚に至る現在、乳幼児を抱えての離婚も急増している。両親の葛藤や子の奪い合いに巻き込まれた子どもたちは何に苦しみどう発達していくのか。その現状と解決策。

ジャンル
新書
教育
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

子供の「脳」は肌にある

山口創

693(税込)  

「心」はどう育てたらよいのか――。どんな親でも抱く思いに、身体心理学者が最新の皮膚論を駆使して答える。子供の「心」をつかさどる脳に最も近いのは、じつは肌であった。

教育という病~子どもと先生を苦しめる「教育リスク」~

内田良

770(税込)  

学校教育の問題は、「善さ」を追い求めることによって、その裏側に潜むリスクが忘れられてしまうこと、そのリスクを乗り越えたことを必要以上に「すばらしい」ことと捉えてしまうことによって起きている! 巨大化する組体操、家族幻想を抱いたままの2分の1成人式、教員の過重な負担……今まで見て見ぬふりをされてきた「教育リスク」をエビデンスを用いて指摘し、子どもや先生が脅かされた教育の実態を明らかにする。

続きを読む

ジャンル
新書
教育
レーベル
光文社新書
出版社名
光文社

1~29件目/全29件

・キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。詳しくはこちら
・決済時に商品の合計税抜金額に対して課税するため、作品詳細ページの表示価格と差が生じる場合がございます。

ページ先頭へ

本文の終わりです