セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

著者、出版社、スタッフのおすすめ
  • カテゴリ

著者、出版社、スタッフのおすすめ

すべてが気になりづくしの新感覚(?)ラブコメ!

by べるべっと (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2019/03/20
まずタイトルが気になりますよね。
半分って何? じゃあもう半分はなんなの??
はーい、もう半分は、主人公が古くから知るおじさんデス!
設定としては彼女なんだけど、あれこれってBL、になるのか…?
いやいやタガメさんは女の子…なのか?
などと色々と脳内で目まぐるしく何度も回転していく疑問も楽しい、きゅんが確実に詰まっている新感覚ラブコメ!

【描き下ろしもたっぷり収録】「ダメ王子」ボッジが、世界一立派な王様を目指す

by じゃんけん (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2019/03/26
ネットで話題になった人気作がついに登場!
ボッジは強くて偉大な王様の長男でありながら、短剣もまともに振るえないほど非力で、おまけに耳も聞こえません。
そのため、周囲からは王の資格がないと噂され、王子とは思えない寂しい生活を送っています。
そんな時、はじめての友達「カゲ」ができたことで、ボッジの人生が大きく動き出し…。
笑われても、馬鹿にされても、誰よりも一生懸命で前向きなボッジを見て何度も涙腺崩壊。
回を重ねるごとに明かされていく秘密、増えてゆく登場人物。単行本で一気読みがおすすめです。

心情が丁寧に綴られた読後感がとても優しいエッセイ

by べるべっと (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2019/04/23
「おばあちゃんのお葬式」をメインに描きながらも、悲しいだけのしんみりでは終わらない、読むと前向きになれる素敵なエッセイです。
飾らない日常や家族の心情、あと、とっても明るい家族が描かれていて、泣いたり笑ったりと、感情が目まぐるしく動いていきます。
それにしても、お葬式中なのに故人のおばあちゃんが笑かしてくるって一体?!

ふく子の健気さが尊すぎる…!!

by べるべっと (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2019/03/12
おかあさんが亡くなって、会ったことのないおとうさんと暮らしていくってだけで、ふく子のこの先が思いやられます。
その上、このおとうさんときたら、お腹をすかせたふく子に与えたのはカップ麺。
おいおい、そりゃないだろう!
となりそうなのに、ごはんの大切さを知っているふく子は、ぬいぐるみの「モンド君」に助けられながら、おとうさんの為に料理をはじめ…うッ目から水が…!

父と娘、食を通してきちんと家族になっていく様は涙を禁じえません!

「あの店は悪霊が出る」と言い残し死んだ祖母がすごく美人

by じゃんけん (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2019/03/08
海くんは、唯一の身内である祖母から「あの店は悪霊が出るから潰せ」と意味深なことを言われた。

しかし、店を潰さずに継続し、すぐに祖母の言葉がウソではなかったと分かるのですが…

何が起こっても、柔軟に受け入れる海くんの心の広さがまさに海。

もうちょっと慌てよう…?とこちらが心配になるくらいです。

謎が謎を呼ぶ展開で続きが気になりますし、今のところBL要素がほぼゼロなのでどうやってBLになってゆくのかも注目!

埼玉県民の埼玉愛がつまったほんわかマンガ

by お花某 (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2019/03/08
田舎「あるある」から友情「あるある」までが、ぎゅっとつまった作品。
幸手に住む「桜」と、白岡に住む「由梨」、ボケとツッコミ2人の会話の半分が優しさでできています。
埼玉県「幸手(さって)」「白岡(しらおか)」へ愛も、かわいらしい少女2人の友情を通して、じんわりと伝わる物語です。

ちなみに幸手の名物は桜並木、白岡の名物は梨だったりします。(豆知識)

日頃のストレス発散に、呪文を叫ぶのはいかが?

by べるべっと (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2019/01/29
タイトルの通り、魔法をぶっ放したいだけのバカ王子に自制を促したい整備長(女性・王子の幼馴染)が設定する呪文(パスフレーズ)が残念で…という内容、なのですが。
物語中に出てくる呪文は、叫ぶとストレス発散になるものも。
そしてほんのり色恋の匂いも立ち込めます。
職場でストレスを溜めている全ての人(特に女性)をどこか爽快にさせる、不思議なファンタジー作品です。

人間に近すぎた為に狂ってしまった人工生命体「ピグマリオン」

by じゃんけん (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2019/01/28
長く愛され続けるサークルUMIN'S CLUBの代表作がこの「HYBRID CHILD」シリーズです。
記念すべき第一作目となる本作は、現在紙では入手困難となっております。
作画の繊細さと美しさが、「あまりにも人間に近すぎた為狂った」人工生命体の哀しさを引き立たせます。
ひとりひとりの物語の背景がしっかりしていて、狩る側のファージとジャスパーにも理由があり…
この世界観の拡がりを、ぜひとも堪能してみて下さい。

一つ屋根の下、不思議で耽美なふたりの少女遊戯

by RW (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2019/01/28
少女二人、その関係は一見「主従」。
読み進める内にそれはそうであるようで、実はそうではなくて…。
不思議な耽美さが、どこか滑稽でもあり、だけれどもとても深い。
どこにもない圧倒的な「関係性」の少女遊戯。

不思議な思考回路で突き進んでいく一沙と、それに様々な感情を抱えつつ、寄り添っていく結との、魅惑の二人遊びの数々とその理由…それらが繊細な描画と、不規則だけど心地よいテンポ、溜息しか出ない言葉の感覚で繰り広げられます。

何度も何度も読み返していますが、「素敵」の二文字以外の感想が出て来ません。

同人誌版から加筆修正、追加ページもありますので是非。

霊夢にだけ毎年訪れる「異変」―――、鍵穴と藤の花が意味するのは…

by RW (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2019/01/28
毎年、とある時期に夢遊病者のようになる霊夢。紫はそれを「霊夢だけに起こっている異変」と言い、「鍵穴」に巫女自身で「鍵」を指すことによっての解決を促す。

ただ今年は、いつもの鍵穴があるはずの場所に、それが見当たらない…。
魔理沙とアリスの見守る中、霊夢はこの「異変」の核心へと進んでいく。

ぽーっとした霊夢が可愛いところと、アリマリがアクセントとして味のあるところと、ラストが話も絵も美しいところ全部ひっくるめて素敵です。

後へ

ページ先頭へ

本文の終わりです