電子書籍 100年後も伝えたい 伝統折り紙(日東書院本社) 実用

著: 小林一夫 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

100年後も伝えたい 伝統折り紙 あらすじ・内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

名もなき人たちが生み出し、何百年という時の流れを乗り越え、現代にまで伝えられてきた「伝承折り紙」。
親から子へ、人から人へと伝わるなかで、洗練されたり、アレンジを加えられたり、変化を続けてきました。
本書では「古くから伝わる形」にこだわらず、「新たな創意工夫」も加え、100年、200年先の人たちにも伝えていきたい作品を厳選し、作品に込められ伝えられた意味や歴史についても解説いたします。

【主な内容】
第1章 吉祥の動物(鶴、亀、うさぎ、猿、こうもり など)
第2章 季節の折り紙(おひなさま、かぶと、鬼、あやめ、蓮、椿 など)
第3章 実用小物(箱、たとう、祝儀袋、箸置き、コースター など)
第4章 選べる折り紙(手裏剣、風船、だまし船、紙でっぽう など)

この作品を共有

「100年後も伝えたい 伝統折り紙(日東書院本社)」最新刊

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

名もなき人たちが生み出し、何百年という時の流れを乗り越え、現代にまで伝えられてきた「伝承折り紙」。
親から子へ、人から人へと伝わるなかで、洗練されたり、アレンジを加えられたり、変化を続けてきました。
本書では「古くから伝わる形」にこだわらず、「新たな創意工夫」も加え、100年、200年先の人たちにも伝えていきたい作品を厳選し、作品に込められ伝えられた意味や歴史についても解説いたします。

【主な内容】
第1章 吉祥の動物(鶴、亀、うさぎ、猿、こうもり など)
第2章 季節の折り紙(おひなさま、かぶと、鬼、あやめ、蓮、椿 など)
第3章 実用小物(箱、たとう、祝儀袋、箸置き、コースター など)
第4章 選べる折り紙(手裏剣、風船、だまし船、紙でっぽう など)

「100年後も伝えたい 伝統折り紙(日東書院本社)」の作品情報

レーベル
――
出版社
日東書院本社
ジャンル
実用
ページ数
98ページ (100年後も伝えたい 伝統折り紙)
配信開始日
2019年12月6日 (100年後も伝えたい 伝統折り紙)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad