セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

  • URLをシェアする

ニコニコカドカワ祭り2020 アンコール

はじめてのお客さまへ

絞り込み

カテゴリ別ランキング

『ヤンキー、政岡としや(マンガ)』の電子書籍一覧

1~12件目/全12件

政岡としや

シリーズ3冊  各110(税込) シリーズ

野球好きの青年・舞次郎は昭和49年、長嶋茂雄の引退を機に、深情梅吉親分の誘いでダフ屋の世界へ飛び込んだ。「ダフ屋と世間では言うが、御札を売ってるんだ。良い芝居を見たくても見られない連中に俺たちの手で見てもらう。その代わり、つまらねぇ芝居をお見せしちゃ札屋の看板外さなきゃなんねぇぞ」親方の言葉に惚れた舞次郎は、暴力団に目を付けられながらもダフ屋の仕事に真っ直ぐ打ち込んでいく。そんな中、野球場にちょこちょこ現れる美少女・麗に恋をした舞次郎は……!? ダフ屋という裏の仕事にスポットを当てた異色作!

続きを読む

政岡としや

シリーズ3冊  各110(税込) シリーズ

トルコの客引き・モーやんは、ある日天日会の下っ端から入手したピンクフィルムを観ていたところ映画界への夢が再燃。手始めにフィルムをコピーし海賊版を売って一儲けしてしまった。当然カンカンに怒った天日会に追い詰められるも、間一髪の所をトルコの客として来ていた映画監督・深情欣二郎に助けられる。「お前、映画好きか?」深情のこの一言により、モーやんは助監督として夢だった映画の世界へ飛び込んでゆく。単なるトルコの客引きだった一人の青年がひょんな事から映像の世界へ飛び込み、お色気映画の制作を通じて成長してゆくヒューマンストーリー。

続きを読む

作画
政岡としや
原作
北芝健

シリーズ2冊  各220(税込) シリーズ

江戸時代から気っ風の良さが町に染みわたっているような土地柄。そんな中央区の八丁堀にある警視庁京橋警察署に、一人の凄腕刑事がいた! 「殺し」「放火」「誘拐」なんでも御座れの「強行班」を束ねる江戸前の係長刑事「小桜 清二郎」だ。そんな小桜に昇進の話が届くが、本人は浮かない表情。何故なら現場仕事にこそ遣り甲斐を感じていたからだ。その後退職を決意し、生活を楽しんでいた小桜だったが……? のちに起きたとある事件を切っ掛けに、元・凄腕デカ小桜の闇の捜査係長としての活動が始まる!! 男・小桜清二郎のヒューマンドラマ作品!

続きを読む

作画
政岡としや
原作
北芝健

シリーズ3冊  各110(税込) シリーズ

昼下がりの豪華なマンション。届け物ですと偽って強引に女の部屋に乗り込んだのは、銀座警察署の花形・刑事課の若手のホープ、犬美弥(いぬみや)良。隠れていたヤクザの殺人犯を難なくひっ捕らえ、ゆうゆうと署に戻った犬美弥を待っていたのは、突然の辞令!? しかも本庁直接の意向によって、あろうことか防犯係「家事相談」担当だという。警察中から「ジジ捨て山」と陰口を叩かれているいわくつきの部署なのだ。なんで大活躍中のこの俺が……? しかし着任のため防犯係の部屋に来た犬美弥は、その「ジジ捨て山」の驚くべき現場を知るのだった……!! バイオレンス劇画の達人・政岡としやの傑作アクション活劇!

続きを読む

政岡としや

シリーズ4冊  各220(税込) シリーズ

刑務所から5年ぶりに出てきた大阪、丸大一家のヤクザ、原爆マサ。女を利用したり、他の組に詐欺まがいの悪事を働くこともあるが、義理と人情に厚く昔かたぎの任侠道を貫いている。しかし5年ぶりのヤクザ社会では金が最優先事項となり、そのギャップにとまどう。時代遅れのヤクザとなってしまったマサは、必然的に周囲との衝突も多くなり、トラブルには事欠かなくなるが、持ち前の機転の早さと度胸でくぐり抜けていく。古きよき昭和ヤクザマンガの隠れた秀作!!

続きを読む

政岡としや

シリーズ4冊  各220(税込) シリーズ

戦争が終わって半年目、昭和21年――秩序も警察力も食料もあらゆるものが不足していた時代に、闇市に行けばそこには…何かがあった。その「何か」を求めて飢えた人々が群れ集った。財閥は解体し中小商工業者も統制下で打ちひしがれていた。したがって闇市の支配者は日本経済の支配者でもあった。闇市の中でも一等地中の一等地、新橋を仕切る竹田組、その親分である竹田重吉は泣く子も黙る武闘派でありながら度量が大きく誰にも認められる傑物であった。竹田にひと目でほれ込んだ学生の堀田は、子分にしてほしいと竹田の元を訪れる…任侠と血煙立ち昇るバイオレンス・ロマンの傑作!

続きを読む

やくざ屋サン

政岡としや

495(税込)  

入院先の病院の隣の空きベッドに、怖~いやくざ屋サンがやって来た!中学二年生の少年の平穏な入院生活は突如としてブチ壊される。少年をアゴで使い、患者相手に競馬で荒稼ぎし、病室に女を連れ込んでスキ放題、夜な夜な病室を抜け出しやりたい放題。ようやく退院してオサラバ出来たと思ったら、今度は隣の家に住みついて…?!となりの超お騒がせ迷惑住人・世良公則に青春振り回されっぱなしでドツボな少年の、極道×学童ギャグ・コメディ。

続きを読む

政岡としや

シリーズ7冊  各495(税込) シリーズ

通天閣で産湯をつかったチンピラ松田天。夢はデッカク、日本一の極道になること。家出娘の夏との恋や、ナニの先まで傷を持つ無類の女好き、百足の錦三兄貴の下で、一人前の極道になるべく暴れまわる。痛快極道マンガの第一弾、ここに復活!!

続きを読む

作画
政岡としや
原作
滝沢解

シリーズ3冊  各440(税込) シリーズ

神戸が異様な緊張に包まれていた。警察、政治家、そしてヤクザまでが手を組み、外国人を片っ端から捕まえては甲子園球場に集める……一体これはどういう事態なのか?! それは情報…確かな筋からの情報があったからだった。「外国人マフィアが今日、神戸に紛れ込む」と。一度地下に潜られたら、見つけ出すのは困難。それならば、との水際作戦だったが、日本の組織という組織が結集しても、マフィアを見つけ出すことはできなかった。しかし…!? 神戸を舞台に、悪が、暴力が、嵐を巻き起こす! バイオレンス劇画の傑作長編!!

続きを読む

作画
政岡としや
原作
安部譲二

シリーズ2冊  各440(税込) シリーズ

少年刑務所出身の松田天はとあるコーヒー屋に腕貸しの広告をはって3日めになるものの、依頼がなく困っていた。そんなとき、ストーカー男に困っているというべっぴんな女性から依頼が来る。相手は自分の嫌いな裁判官ときき、恨みのある天は大いに燃える。周りはこの依頼者には裏がありそうで怪しいと言うが、天は「先に頼んできたほうの味方や。どっちが良い悪いかなど関係ない」と言い捨てる。そしていよいよ指定されたホテルに潜入し、成功するが…。

続きを読む

どちょんぼ

政岡としや

440(税込)  

大阪の裏社会で拳銃や組長の生首など、非合法であっても売れるものなら何でも売る万屋十一(よろずや といち)。ときには命もかける闇から闇への裏商売の中で、ダッチワイフ職人、戦争体験軍人など様々な死や人生とすれ違っていく…

続きを読む

うらばい

原作
政岡としや

429(税込)  

万屋十一(よろずや といち)が大阪を舞台に裏社会でひと儲けする。政岡としやの傑作オリジナル作品だ。

1~12件目/全12件

・キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。詳しくはこちら
・決済時に商品の合計税抜金額に対して課税するため、作品詳細ページの表示価格と差が生じる場合がございます。

ページ先頭へ

本文の終わりです