セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

  • URLをシェアする
はじめてのお客さまへ

絞り込み

カテゴリ別ランキング

『サブカルチャー、リリイアゲハ、TLノベル(ライトノベル)』の電子書籍一覧

1~8件目/全8件

服従したいの…王様ゲームでケダモノH

リリイアゲハ
イラスト
キモトチナツ

220(税込)  

「王様の命令は絶対だから」
寝室で遼くんと二人きりになった私は、自分にこう言い聞かせた。
隣の部屋にみんないるっていうのに、ずっとエッチしてない私の体は、久しぶりのチャンスを逃したくないと叫んでるみたい。

遼くんの大きな手が、私のスカートの裾をそっと捲り上げる。
こんなのダメって思う反面、すでにぐっしょりと湿ったアソコはきゅんとうずいて…。

続きを読む

隣りで××が寝てるのに…暗闇愛撫で略奪エッチ

リリイアゲハ
イラスト
キモトチナツ

220(税込)  

親友の彼を好きになってしまったアキ。ある日、その親友が彼氏を連れて家に遊びに来ることになり……。
「声、出しちゃダメだよ」
そう言うと、彼の顔が近づいてきて、唇を塞がれてしまうアキ。
こんなこと、ダメなのに……すぐそこのベッドで寝息を立てている親友の彼氏と、私、エッチしちゃいそうになってる!?
そんなイケナイ状況に、アキの体は恥ずかしいくらい反応してしまっていた。

続きを読む

ヌルヌルしてて恥ずかしい…露天風呂で大胆エッチ

リリイアゲハ
イラスト
キモトチナツ

220(税込)  

付き合って半年記念の温泉旅行にやってきたヒロトと葵。
真夜中、二人きりの露天風呂に興奮したヒロトの手が、お湯の中で怪しく動き始めて……。
「すごいよ、葵のアソコ。これってお湯じゃなくて濡れてるんだよな?ほら、ヌルヌルしてる」
「やっ…ぁん」
さわさわと優しく撫でられ、思わず声を上げてしまう葵。
気持ちいいよぅ……でもダメ、こんなところでエッチなことして、見つかったらどうするのっ!?
次の瞬間、ガサッと脱衣所の方から物音が聞こえた気がした。

続きを読む

奥まで欲しいの…大人のオモチャでおねだりH

リリイアゲハ
イラスト
キモトチナツ

220(税込)  

「っ…もう止めてくださいっ、平井さん」アダルトショップのレジカウンター。店員の綾乃は、お客さんである平井の前で足を大きく広げられていた。「本当に止めちゃっていいの?」バイブを綾乃の一番敏感な場所にぐりぐりと押し付けながら、平井は言った。綾乃の体はじんじんと疼き、アソコはすっかり熱くなっている。(本当は奥まで欲しい…でもっ!) 彩乃が吐息を漏らして平井の腕にしがみつくと、バイブの揺れはいっそう激しくなった。

続きを読む

衝撃エッチ~電車、居酒屋、合コン…淫らなハプニングプレイ~

雪華
リリイアゲハ
Fumika
イラスト
キモトチナツ

550(税込)  

やだ…私ったら、痴漢されてるのに感じちゃうなんて!!――満員電車でお尻を触られて、怖くて何も言えないでいると、どんどんエスカレートしてきて……どうしよう、パンティの中まで手を入れられちゃった!!
「ラブきゅん文庫mix」vol.2は「衝撃エッチ」をテーマに3作品を収録。
満員電車、居酒屋トイレ、合コン……こんな所で感じちゃうなんて、抗えないHなハプニングにドキドキ★

続きを読む

濡れちゃうマッサージ~イケメン整体師の極上官能テク~

リリイアゲハ
イラスト
KUBOTAMIHO

220(税込)  

「では、今度は胸のマッサージに移りますね」
一瞬、耳を疑ったさくらだったが、先生に言われるまま身を任せていると、泣きたくなるくらい切ない疼きが体中を駆け抜け…。
こんなマッサージが続いたら、アソコはぐしょぐしょになってしまうに決まっている。
(乳首、触って欲しい……先生の、太い親指で)
ついにさくらは自分からおねだりするみたいに上半身をよじった。

続きを読む

新米ナース深夜のご奉仕~お口でちゅぷちゅぷしてあげる~

リリイアゲハ

220(税込)  

「私が、手伝ってあげます…すっきりしたら、眠れるんじゃないですか?」初めての夜勤、ナースコールで憧れの阿部に呼び出された美緒は、寝付けないと訴える彼に、いつになく大胆な発言をしてしまい…「制服姿の美緒ちゃんのこと見かけるたび、ヤバかったんだ」いつの間にか彼の腕の中に抱き込まれ、首筋に口付けを受けながら両手で胸を揉まれていた。

続きを読む

濡れちゃうバスガイド~集団愛撫絶頂ツアー~

リリイアゲハ
イラスト
KUBOTAMIHO

220(税込)  

「ヌルヌルしてるよ。美月ちゃんて濡れやすいんだね」
そう言って、佐原が潤みきったアソコに指を押し当て、グッと深く沈めてくる。
「あぁあーーっ!ダメぇっ!アソコっ、気持ちいいのぉお!!ダメぇええっ!!」
ズゥンという深い快感に襲われた美月は、もう自分が何を口走っているのかわからなかった。
「客にいじられてこんなに濡れちまって、いけないバスガイドさんだなあ」
走行中の車内、体を拘束されアソコに焼け付くような複数の視線を感じた美月は、たまらず瞳を伏せた。

続きを読む

1~8件目/全8件

・キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。詳しくはこちら
・決済時に商品の合計税抜金額に対して課税するため、作品詳細ページの表示価格と差が生じる場合がございます。

ページ先頭へ

本文の終わりです