セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

  • URLをシェアする
はじめてのお客さまへ

絞り込み

カテゴリ

ジャンル

もっと見る

レーベル

著者

もっと見る

出版社

もっと見る

価格(税抜)

冊数

配信時期

その他

除外

カテゴリ別ランキング

『サブカルチャー、歴史(実用、文芸・小説)』の電子書籍一覧

1~8件目/全25件

予約

10分で読めるシリーズ

著者
ひまわり
著者
MBビジネス研究班

シリーズ1225冊  102~549(税込) シリーズ

さっと読めるミニ書籍です(文章量10,000文字以上 11,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の20ページ程度)

【書籍説明】

結婚前はとても優しかった夫が、結婚してしばらくするとすごく厳しい言葉を吐くようになる。
同じように、付き合っていた頃は可愛かった妻が、すぐに怒りだしイライラして困っている男性もいる。

「こんなはずじゃなかったのに。」と思っても簡単に別れるわけにもいかない。仕事や子どものことなど生活環境がガラリと変わる離婚をするのも面倒くさい。
離婚をするための準備にエネルギーを使う元気もない。

妻が、夫が、結婚前のような優しい人に戻ってくれるのなら、面倒な離婚をしなくても済む。
いつから二人の間がおかしくなってくるのか?

「こんな素敵な人に巡り会えた!もう他にはいないだろう!」と思って結婚したはずだ。

なのに、「妻とコミュニケーションが取れない。」と嘆き。「夫が、何にもしてくれない。厳しい言葉を言う。」と離婚を考える。

どんなに仲良く見える夫婦にも、何かしらの問題を抱えている。できれば末永く一緒に暮らしていたいと多くの人が望んで結婚する。

しかし、「もうダメだ!コミュニケーションが取れない!離婚か?」と思って悩むあなたへ。

二人の関係の改善する手立てをご紹介しよう。


【目次】
【1】ある朝の喧嘩から
【2】こんなことで喧嘩?
【3】男には言葉の裏がない。
【4】男のプライド
【5】男の責任感
【6】ケーススタディ


【著者紹介】
ひまわり(ヒマワリ)
1976… 以上まえがきより抜粋

続きを読む

歴史ミステリー研究会

シリーズ2冊  531~713(税込) シリーズ

有史以来、人類は数えきれないほど多くのものを発明してきた。
手っ取り早く人命を奪うための装置ギロチン、処刑装置として発明された電気椅子、治療のために脳の一部を切り取るロボトミー手術、中に入った人を串刺しにする鉄の処女…。
発明の中には、このようにとても人間がつくり出したとは思えないほど残虐なものも存在する。
人間の本性は果たして善良なのか、それとも邪悪なのか――その答えが本書の中にある。

続きを読む

ジャンル
実用
科学
歴史
学問
レーベル
――
出版社名
彩図社
須田武郎

シリーズ20冊  880~2,090(税込) シリーズ

巡礼者の防衛、援助、救護のために創設されたテンプル騎士団や聖ヨハネ騎士団。『アーサー王物語』などの影響を受けて、イングランドの最高勲章であるガーター勲章を授かった者たちをそう呼んだガーター騎士団。ひと口に騎士団といってもさまざまな成り立ち、組織、役割がある。それらを歴史的背景とともに紹介。

続きを読む

ジャンル
実用
歴史
レーベル
――
出版社名
新紀元社
ASIOS

シリーズ5冊  524~1,320(税込) シリーズ

大都市上空に飛来したUFO、記念写真に写った不気味な顔、天から降り注ぐ魚の雨…、世の中には常識では説明できないとされる不思議な現象が存在している。だが、それは本当だろうか。本当に常識では説明できないのだろうか?本書では巷で評判の42の「超常現象」を取り上げ、懐疑的に検証。虚構と思い込みで彩られた”伝説”の背後にある「真実」に鋭く迫った。 目からウロコが落ちること必至の、超常現象謎解き本である。

続きを読む

日本史を動かした黒い主役たち

歴史ミステリー研究会

550(税込)  

日本史には、図太さや腹黒さ、したたかさを兼ね備えて時代を動かした人物が大勢いる。彼らはどれだけ人から嫌われようとも、みずからの信念を貫き、日本史に名前を刻みつけてきた。特異な方法で歴史を変えようとするさまは、「黒い主役」と呼ぶにふさわしい。神託を利用して天皇になろうとした僧侶、敵を殺しまくってのしあがった武将、クーデターで首相を暗殺した青年将校、汚職事件で失脚した政治家…かつての日本にはこんなにヤバイ奴らがいた!

続きを読む

教科書には載っていない大日本帝国の発明

武田知弘

713(税込)  

欧米の先進国に比べ、科学力ではるかに劣っていたとされる戦前の日本。しかし、実は当時の日本にも現代の技術立国の礎となる驚異的な科学力が育っていた。
科学や軍事の分野はもちろん、国家を挙げて発明を推奨した結果、産業の分野でも次々と画期的な大発明が続出。その中には現代社会でも使われているものも少なくないのだ。
昭和元年に世界で初めてブラウン管テレビの公開実験を成功させた高柳健次郎、明治44年にビタミンB1を発見した幻のノーベル賞候補・鈴木梅太郎、明治18年に世界初の乾電池を開発した屋井先蔵など、戦前の日本であった驚くべき大発明・大発見の数々に迫る!

続きを読む

インスタ映えする戦国時代

著者
スエヒロ

1,100(税込)  

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

ツイッターフォロワー数 10万人超。
あの人気歴史パロディ画像が一冊の本に!

もしも戦国時代にスマホがあったなら……。
数々の歴史的大事件をテーマに、個性豊かな武将たちが、躍動する!

☆織田信長、LINEを使って、「桶狭間の戦い」逆転V
☆来日したフランシスコ・ザビエルはインスタ映えに夢中
☆上杉謙信から送られた塩のAmazonレビューを書く武田信玄
☆「本能寺の変」を前に、Yahoo!知恵袋で相談する明智光秀
☆清洲会議の結果をFacebookで報告する羽柴(豊臣)秀吉
☆天下人となった徳川家康の食生活が、ニュースサイトトップに!

不思議と戦国時代の流れがつかめる!
おふざけ100%なのに、戦乱の歴史が頭に残る!
斜め上の教科書が誕生!

もう読み始めたら止まらない(誰か止めて! )。

続きを読む

安彦良和の戦争と平和 ガンダム、マンガ、日本

杉田俊介

1,012(税込)  

『機動戦士ガンダム』の生みの親の一人であり、マンガ家として歴史や神話を題材にした傑作を世に問うてきた安彦良和。『宮崎駿論』などで注目される気鋭の批評家が20時間にわたって聞き取った、『機動戦士ガンダム』の神髄とマンガに込められたメッセージとは? 2019年は『機動戦士ガンダム』テレビ放送開始から40周年。戦争・歴史マンガの多彩で豊饒な作品世界、日本の歴史、あの戦争、いまの社会――。40年を超える、過去から未来への白熱討論!

続きを読む

1~8件目/全25件

・キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。詳しくはこちら
・決済時に商品の合計税抜金額に対して課税するため、作品詳細ページの表示価格と差が生じる場合がございます。

ページ先頭へ

本文の終わりです