セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

  • URLをシェアする

講談社文芸作品コイン50%還元フェア

はじめてのお客さまへ

絞り込み

カテゴリ別ランキング

『カクヨム、杉浦 遊季、0円(文芸・小説、ライトノベル)』の電子書籍一覧

1~5件目/全5件

ガールズ・ギタークラフト

著者
杉浦 遊季

0(税込)  

姉妹が自作エレキギターに挑む!

高校生になったばかりの女の子、椎名朔。その双子の妹である望は、幼い頃からギターの才能を開花させていた。しかし過去の出来事がトラウマとなり、人前でギターを弾くことができなくなっていた。ベーシストの朔は、バンド活動に憧れている田中陽菜と同じクラスになる。陽菜と一緒に放課後楽器店に立ち寄ってみると、そこには自作用の楽器製作キットが売られていた。朔はそれを目にして、ギター製作を通して望にもう一度ギターへの情熱を抱かせることができないかと考えた。そうして朔は、望や周囲の仲間たちを巻き込み、自作エレキギターに挑戦するのであった。女の子たちの、あまりにも不器用な、青春楽器ストーリー。

※この作品は、小説投稿サイト「カクヨム」で公開されている同名作品の電子書籍版です。

続きを読む

ユニーク

著者
杉浦 遊季

0(税込)  

この女子卓球部、個性派揃!?

高校生の渡部想太は片想いをしている相手がいた。それは女子卓球部部長の門脇えみ。奥手な想太はえみとの距離を縮めることができずにいたが、ある日突然、えみの方から話しかけられる。その内容は、昔卓球部を辞めた部員の引き戻しを手伝ってほしいとのこと。えみとお近づきになりたい想太としては、そのお願いを引き受けることに。そして想太は、あまりにも個性的すぎる四人の元卓球部員たちに復帰交渉を持ちかけるのであった。

『神速のスマッシュ』『狙撃のカット』『虚偽のドライブ』『僥倖のブロック』の四編構成の連作短編作品。

※この作品は、小説投稿サイト「カクヨム」で公開されている同名作品の電子書籍版です。

続きを読む

ミライセカイ

著者
杉浦 遊季

0(税込)  

タイムマシンに乗ったら、未来ではなく異世界に行ってしまいました!?

高校生の瀬尾総介はタイムマシンの実験として百年後の東京を目指してタイムリープをするも、辿りつた場所は独特な魔法が存在する別世界だった。
総介は状況を把握しようと探索するが、そのとき賊に追われている少女と出会う。彼女はラシュトイアと名乗り、この国の王女だと明かす。
総介はラシュトイアを助け、そのお礼として保護されることとなり、それにより総介の異世界生活が始まったのだが、次第に二人は秘められた世界の真実に辿り着いてしまう……。
リアリスト男子高校生と異世界の王女が織り成すSF&異世界ファンタジー

※この作品は、小説投稿サイト「カクヨム」で公開されている同名作品の電子書籍版です。

続きを読む

=少女

著者
杉浦 遊季

0(税込)  

この世には、伝えてはいけない想いがある

中学生の稲垣杏は、卒業式後に片想いの相手である小桜新菜に告白しようとする。だが新菜は式後すぐに帰宅してしまったため、杏の告白は失敗に終わった。落ち込み帰宅する杏は自宅近所で人を助けるものの、しかしその人物は自分のことを未来人だと名乗り、助けたお礼にタイムリープさせると申し出る。杏は疑いながらも相手にした結果本当にタイムリープに成功してしまい、卒業式前日に戻ってしまう。杏はタイムリープしたことで新菜に告白することができた。だがその後、事態は思わぬ結果に転落してしまう……。たった一つの告白がすべてを歪めてしまう、ループ系青春百合SF。

続きを読む

寒暖のアマテラス

著者
杉浦 遊季

0(税込)  

劣悪な環境下でのボーイミーツガール

気象を完全コントロールしていた気象制御システム、通称「アマテラス」は暴走事故を起こし、東京の気候は、昼は灼熱の猛暑に、夜は吹雪く極寒に設定されてしまった。
暴走事故から十年。人々は劣悪な環境でも生き延びていた。運び屋の少年、片山翔太は、僅かに残った居住エリアに物資を届け帰路につこうとしたが、そのときカメラを携えた少女、小宮絵真に行く手を阻まれる。そして絵真は翔太に、車に乗せてもらうようお願いをしてきた。
この少年と少女の出会いが、のちに東京の隠された現状を暴くことになってしまう……。

※この作品は、小説投稿サイト「カクヨム」で公開されている同名作品の電子書籍版です。

続きを読む

1~5件目/全5件

・キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。詳しくはこちら
・決済時に商品の合計税抜金額に対して課税するため、作品詳細ページの表示価格と差が生じる場合がございます。

ページ先頭へ

本文の終わりです